ストーブラインナップ

why wood stove + fireplace ?

なぜ薪ストーブや暖炉なの?

薪ストーブや暖炉を使う理由をお探しですか?
きっとぴったりの理由が見つかります。

 私たちは、その探し物が有るところをいくつか知っています。薪ストーブや暖炉を使うのに、自分で納得できる理由があれば、あえて語らなくてもいいです。でも、もっと理由が欲しい人もいるでしょ? みんなひとつではなく、たくさんの理由が欲しいんじゃないでしょうか。

薪は再生可能エネルギーです

 再生可能エネルギー、自然エネルギーというと、太陽光発電や水力発電、風力発電という、電気に変換できる自然エネルギーが頭に浮かびませんか? でも薪はもっと電気や化石燃料を減らすことができます。

 木を薪にするとき、ほんのわずかなエネルギーで、大きなエネルギー源を作り出すことができます。とっても優れたエネルギー効率です。

 木が育つのに、化石燃料ではなく太陽と空気と水と土のチカラですくすくと大きくなります。たくさんの自然エネルギーを吸収して蓄えています。そしていくつもの季節を経て、生命を繰り返して森をつないでいます。

 木質バイオマスエネルギーが再生可能エネルギーとして注目されているのは、カーボンニュートラルという、温室効果ガスとなるCO2を増やさないためです。木質ペレットも、薪もそのひとつです。

 東北大学の先生が、ハイブリッド車5台分、太陽光発電パネル36畳分のCO2削減量が、薪ストーブ1台と同じだって2009年に言ってました。

 きっともうすでに、環境のことを考えて、ほんの小さなことでも取り組んでますでしょ。そのインテリジェンスを大切にしてください。

薪の炎には癒し効果があります。

 川のせせらぎや海のさざ波、風が木を揺らす音や木漏れ日がきらめく様子、自然の中にある規則的なようでそうでもない現象【1/f ゆらぎ】の中にいると、ひとは無意識のうちに癒されていると感じているみたいです。

 薪が燃える炎のあかりを見ていると、なんとなくとろ〜んとしてきます。炎も同じ、自然現象による癒し効果があります。だからひとは、なぜか火のあるところに集まり、自然と心を開き、なんだか素直になれます。原始時代からみんなそうだったのではないかと想像できます。

 薪ストーブの炎も、キャンプやバーベキューといったアウトドアフィールドでの焚き火も、古民家の囲炉裏の火も、なんとなく惹かれて安らぐ理由がそこにあります。

 忙しい日常生活の中にほんの少しだけ、心を落ち着かせる時間をつくって大切にしてください。

もしもの時に備えていますか?

 大きな災害は、いつやってくるかわかりません。雪の降る寒い季節に、停電に見舞われるかもしれません。東日本大震災のとき、大きな被害に遭われた東北地方では、雪が降るなか停電が続き、寒さに震え、闇に怯え、空腹に耐え、悲しみにくれていたと聞きます。

 そのとき私たちの仲間たちは、薪ストーブのお店を解放し、被災者を招き入れ、しばらく寝食を共にしたそうです。薪ストーブの火が闇を照らし、煮炊きをし、体を温め、心を落ち着かせてくれ、大切な拠り所として人々が集まってきたそうです。そしてその仲間のお客様の家でも、同じことがあったそうです。

 北欧には、薪ストーブや暖炉、オーブンなど、薪が焚ける設備を、すべての家に整えなければならない決まりがある地域もあります。もしも真冬の北海道で、停電やガスの供給停止になったら、灯油やガソリンが手に入らなくなったら、家族の命を守ることができなくなってしまうかもしれません。

 家族を守りたいという強くて優しい気持ち、大切にしてください。

薪ストーブは子供の成長を見守ります。

 子供と一緒に何かを作ったり、フィールドに出て汗を流したりと、親子で一緒に過ごす時間はとっても大切です。大人は子供の成長を見続け、子供は親の背中を見て成長し、次々と新しい発見があるでしょう。

 子供は大人と過ごす時間が嬉しく、真似をしたくてたまりません。お菓子づくりやお料理もそのひとつ。エプロンをかけて踏み台に登り、目を輝かせながらおっかなびっくり包丁を握って、ゆっくりと、でも確実にシェフに近づいていくその姿は、とても頼もしく映ります。

 冬に家族が暖かく過ごすことができるよう、お父さんは前もって薪づくりに汗を流します。でもひとりではありません。子供もお母さんも手伝ってくれます。子供だって薪割りをやって見たくなります。最初はお父さんと一緒に斧を握ってストン。できないことに挑戦することが子供の心を育みます。

 冬の暮らしの備えができたら、ご褒美が待っています。お庭で積み上がった薪を眺めながら、家族みんなでバーベキュー。会話も弾み、自分も子供も良く出来たねって、褒めてあげましょう。

 雪の降る寒い冬の夕方、子供とお母さんは同じころ家に帰ります。でもお母さんは、お夕飯の支度を始めなければなりません。そんなとき、子供が薪を運び入れてくれ、お父さんに教わった通り、薪ストーブに火を入れてくれます。

 あとから帰ってきたお父さんは、子供が上手に薪ストーブに火をつけられたことを聞き、優しく頭を撫でながら一言「ありがとう」。

 家族の絆と子供の成長、そして家族のために役立ちたいという子供の気持ち、その責任感がひとを強く大きくします。その優しさを大切にしてください。

薪ストーブは仕事を頑張った証です。

 より豊かな暮らしが送れるよう、みんな頑張って働きます。家族が増えると家にゆとりが欲しくなります。より質の高い、ドライブが楽しくなる自動車も欲しくなります。クリアな画像と音質の、リビングシアターが欲しくなります。座り心地のいいイージーチェアが欲しくなります。

 生活の空間だけではありません。長く使えるレザーの鞄も持ちたいでしょう。機械式腕時計を袖口からのぞかせたら「デキるひと」と評価されるでしょう。ウールとレザーで作られた-40°まで耐えられる、実績のあるブランドのスノーブーツも履きたくなります。

 今までよりもカチッとした、漕ぐ悦びを感じられる自転車に買い替えたくなります。もっとクリアで目に優しく疲れないサングラスに変えます。手に馴染む、もっと遠くまで届くゴルフクラブに変えます。休日に仲間と海に出るための、ボートが有ってもいいかもしれません。家族で大自然を楽しむため、アルミボディーのキャンピングトレーラーをトーイングしても楽しいでしょう。

 薪ストーブや暖炉だって、決して安い買い物ではありません。より質の高い、作りの良い薪ストーブが欲しいはずです。傍らに置いたらキリッとサマになる、ファイヤーツールも揃えたくなります。ストーブのトップにだって、美しいホーローのお鍋が似合います。

 家族と自分のために頑張る気持ち、豊かな暮らしを送りたいという気持ち、大切にしてください。

薪ストーブはとっても暖かい。

 薪ストーブや暖炉の暖かさを、今までに味わったことがあったら、よくご存知だと思います。薪ストーブはとても安心できる、能力の大きな暖房器具です。エアコンやFFファンヒーターとは、比べ物にならないくらい大きな空間を暖めることができます。

 この寒い冬の北海道で、暖かさに不安のある暖房器具を選ぶ人はいないはずです。安心感を求めて十分な性能の暖房器具を、いくつも用意しているはずです。どの部屋にいても、わざわざダウンジャケットを羽織るなんて肩が凝ります。冷たい風に当たってギュッと縮こまった身体を、家の中だけはダランとほぐしてあげなくてはいけませんよね。

 薪ストーブや暖炉は、ただ部屋の空気を暖める他の暖房器具とは違います。もちろん空気も温めますけど、赤外線による輻射熱の効果がとても大きく、ヒトの肌を直接暖めてくれます。ヒトだけではなく、床や壁、天井といった建物の内側も同時に暖めます。温度に差があると、高いところから低いところへ赤外線が放射されて、どんどん熱が移動していきます。なので「どこにいてもあったかい」という人が多いんです。

 薪ストーブの暖房面積を調べたことがあるなら知っていると思います。暖房面積130m2 程度かそれ以上の薪ストーブはたくさんあります。130m2 といえばおよそ40坪です。いまどきの断熱性能の建物なら、とっても心強い能力を持っています。

 もうひとつ、体を温めてくれる能力があります。それは温かなコーヒーやお料理。スープでもポトフでもおでんでも、食卓に華を添えてくてます。きっとその味は格別で、ほっこり暖めてくれるはずです。

 薪ストーブや暖炉は、炎を見ているだけで心も暖めてくれます。その優しく柔らかな温もりを大切にしてください。

 さて、探し物は見つけられたでしょうか? まだ見つからなければ、一緒に探しに行きます。

薪ストーブと料理(a+ Tool & Cooking)

薪ストーブと料理

もし薪ストーブや暖炉があったら、絶対みんながやってみたいのが薪ストーブ料理でしょ。
神楽ストーブが取り扱う薪ストーブや暖炉の輸入元、エープラス(a+)が「火のある暮らしー薪ストーブと料理」というタイトルの本を出版しました。そのエープラス(a+)が薪ストーブ料理のイロハを教えてくれています。
薪ストーブの楽しみのひとつ、ピザや煮込み、オーブン料理など、様々な薪ストーブクッキングをどーんと紹介しています。お料理の写真を眺めるだけでも暖まってきますね。レシピも掲載されていますので、ぜひお試しください。
神楽ストーブの旭川ショールームにある IRON DOG N°06(オーブン付きクッキングストーブ)も大活躍しています。
フランスの staub や、かっこいいバーベキューグリル、パエリヤパンなど、優れたクッキングツールを用意していますので、神楽ストーブに遊びにお越しください。

【北海道内】薪ストーブ補助金一覧

北海道では主に道北の自治体で、薪ストーブや暖炉の導入設置への補助金が交付されています。木質バイオマスエネルギーや新エネの活用、省エネにつながる設備や促進事業への補助金制度です。現在、旭川市、上川郡東川町、上川郡和寒町、宗谷郡猿払村が薪ストーブへの補助金を交付しています。
同じく木質バイオマスエネルギーとして、ペレットストーブや薪ボイラーへの補助金交付をおこなう自治体は、札幌市をはじめ北海道内にたくさんありますが、いずれ薪ストーブや薪暖炉にも適用されるよう願っております。年度により要項が異なるかもしれませんので、私たちも随時チェックしてまいりますが、正確な内容は薪ストーブ補助金制度の事業をおこなう各自治体に、直接確かめてみてください。
神楽ストーブも北海道で補助金制度を有効に活用していただけるようお手伝いします。

>>【北海道旭川市】旭川市地域エネルギー設備等導入促進事業補助金のお知らせ

>>【北海道上川郡東川町】薪ストーブ等設置事業補助金

>>【北海道上川郡和寒町】木質バイオマス燃料ストーブ設置事業・補助金

>>【北海道士別市】士別市新エネルキ゛ー導入促進支援事業 - 木質バイオマスストーブ

>>【北海道上川郡下川町】下川町快適住まいづくり促進事業

>>【北海道中川郡中川町】薪ストーブ等設置補助金交付要綱

>>【北海道宗谷郡猿払村】猿払村新エネ・省エネ設備等導入促進補助金

>>【北海道勇払郡占冠村】木質バイオマスエネルギー導入促進事業

>>【北海道札幌市】札幌・エネルギーecoプロジェクト

>>【北海道恵庭市】恵庭市低炭素まちづくり促進事業補助金

>>【北海道上磯郡知内町】知内町地域材活用住宅等助成事業の補助制度

ストーブラインナップ

  • 施工事例:当社の施工事例のご紹介
  • 取扱商品:当社で取り扱っている商品のご紹介
  • お問い合せ先:お気軽にお問い合せ下さい
  • facebook
  • 旭川の薪ストーブ屋さん。内装の塗り壁もやってるよ。毎日を全力で!
  • オンラインショップ
  • 株式会社 エープラス